カテゴリー「いそべじの畑」の記事

2019年3月 6日 (水)

今期も始まります

3月に入り、今期も少しずつ準備にとりかかっています。

今年は例年よりも暖かい気候が続き、お休みモードだった旦那もそわそわ。
「そろそろ種をまかなければ!」
暖かくなるとそんな気持ちが沸き上がってきます。
農閑期はありがたい事に、しばし羽を伸ばせました。
会いたい人に会え、東京の刺激を受け、やっぱり自分の所の野菜が食べたいなーーー
そんな気持ちになってきたら仕事開始です!
3月と言ってもまだまだ佐久穂町は寒いので、まずはハウスの中での栽培から始めます。
冬の間にハウスにぎっしり育った作物も、全て売り切って片付けちゃいます。
トラクターで耕して、土をふかふかにしてから「太陽熱をかける」という作業をまずやります。

Dsc_0911
厚手のビニール素材の生地を畑一面に敷いておき、しばらくおいて太陽の熱をがんがん吸収するようにしておきます。
ハウスは密閉すれば太陽の熱だけで、ハウス内の温度はどんどんあがっていきます。
そうすると土の温度は上がっていき、雑草の種が死滅するので除草剤を使わなくても済むんです。
これぞ自然の力。そして知恵!!
この方法を知ったときは結構感動しました。
ハウスだけでなく、露地の畑にも利用する方法です。
私たちは薬を使わない農業をしているので、除草剤でなくこういういった方法で雑草の対処をしています。
まあ、100パーセントではないのですけどね。(全く雑草が生えないわけではないです)

その他、苗を作るための温床づくり。
以前は糠などを入れて、発酵させて温床の温度を上げるやり方をやっていましたが、今年は安定させるために電気のコードを土に埋めるやり方を試しています。
そして肝心の種発注、肥料播き、作付けを社員さんと相談しながら少しずつ始めていきます。

夕食を食べながら、
「やっぱり仕事した後の食事は美味しいね」
と言った旦那。
身体を動かしたし少しずつまた前進していってるのが心地いいみたい。
十分休めたからそんな気持ちになっているのかも。
去年の初冬に植えた玉ねぎの苗。越冬もうまくいってピンと伸びた玉ねぎ苗を見てると嬉しくなります。
おかげで仕事モードのスイッチが入りました。

Dsc_0967

2019年1月14日 (月)

冬の野菜ナンバーワン

 

冬の葉物の王様と言ったらターツアイじゃないかなぁと思います。
あまり聞きなれない野菜かもしれません。私も旦那が作るまでは知らない野菜でした。(食べた事もないように思います)
地面にべたーーっと広がる葉物。
中国野菜で、ターはつぶれた、という意味のようで寒さに強く、その分味も濃くなります。
いそベジ農場では冬の定番野菜で、ハウスでたくさん育てておりますが今回の量は半端なく・・・。
一面ワッと咲いた(?)ターツアイはなんか絨毯みたいで、不思議な感じ。
壁紙にしてもおしゃれだなぁと思ってしまい思わず写真を撮ってしいました。
これは1つでも食べ応えがあり、1つで2食分くらいあります。
炒めてもよし、茹でてもよし。
油との相性がいいので、我が家では豚肉と一緒に炒めるのが定番です。
お気に入りは平田牧場の豚バラで炒める事。
豚バラのうまみと寒さで甘くなった味の濃いターツアイが絶妙!
にんにくをいれてもよし、塩だけで十分美味しいです。
美味しい物だけで作ると調味料は塩だけでいいんだなぁと思う一品です。 

 

 

2018年9月13日 (木)

好きな野菜

Dsc_0508

毎年夏はきゅうりに追われるのですが、ちょうどその頃収穫を迎える「かぼちゃ」。

私は大量のきゅうりの出荷に専念してしまい、毎年かぼちゃの収穫は手伝えずに毎年過ぎていきました。
私の大好きなかぼちゃ。。。
せっかく作っているのだから収穫したい。。。
と、懇願して今年ようやく収穫に携わることができました。
とにかく蔓がすごく伸びてワサワサしているので、かぼちゃそのものは草の中で見えず。
かきわけてかきわけて足にゴッッと当たったものがかぼちゃ。
1玉2kg前後なのでいくつも収穫して運んで、収穫して運んでの繰り返しは暑さの中けっこう重労働でした。
かぼちゃやじゃがいもなどのでんぷん質の野菜は、うちが作っているやり方だと甘くなりやすいので毎年契約してくれる業者さんがいます。
今年は豊作で、玉も大きかったため2tくらい採れました。
野菜セットと取引している飲食店さん用に少し残して、後は全部業者さんに売っちゃいます。
今年は北海道が不作だっただけに、かぼちゃはいくらでも需要があるそう。
業者さんに納品するのには宅急便を使ってますが、こういう時はヤマト便というのが便利。
同じ送り先でいくつも送る場合は通常の便より安くなります(冷蔵は不可)
1回に600kgとか送るのですが、箱に10kgずつ詰めて60箱ドーーーンと送ります。
土のついているかぼちゃをふいて、箱にひたすら詰めていくのですが私は結構この仕事が好きで。
毎年楽しみながらこの作業をしております。
なんでこの作業が好きなんだろ・・・と考えてみたら、やっぱり私はかぼちゃが好きみたいで、1つ1つふきながら
「あ!このかぼちゃ美味しそう」
「あともう少し熟成したかったね」
「うーん、いい形」
とかかぼちゃを愛でながら箱に入れるのが楽しいことに気づきました。
それを従業員さんに言ったら
「危ない人みたいですね・・・苦笑」と言われましたが、各々好きな野菜があるので人によって違った形で野菜を愛でてたりしてるみたいです(笑)
旦那はナスが大好きなので、ナスの黒光りの艶を見てはうっとり。
そして傷や虫食いで、本来であれば商品にならないものは畑で捨ててくるのですが、大切に持って帰ります。(好きだから全部食べてしまいたいらしい)
でも大量すぎて全部調理出来ないよ・・・と大半は傷んだりして廃棄してしまうのですが、今年は素揚げして冷凍するのが良いということを季節雇用のアルバイトさんに教えてもらって冬の食料としてストックしてみました。
これで真冬にナス料理が・・・(ニヤニヤ)

2018年8月13日 (月)

好き嫌いの分かれる野菜

パクチーが出来ました。

Dsc_0457

うん、やっぱり強烈な匂い(笑)
しかも大量だからなおさら匂いも強い気がします。
でもたまらないなぁーーー何作ろう。
とりあえず炒め物にヌクマム(ナンプラー)で味付けして、上にのせるだけでエスニックな味!!
娘は「なんか臭い」とすぐ気づくのですが、ごめんねと言って私と旦那はむしゃむしゃ。
チャーハンにのせてももちろん美味しい。
アルバイトさんはインスタントのフォーを買ってきて、のせて楽しんでいるようです。
いそベジ農場1年目の時に、私が好きだからという理由だけで作ったこともありますが、私のつわり時期と重なり、その時はパクチーがダメになりました。風に乗って香ってくるだけでも吐き気がして、なんでこんな時に作ったんだ・・・と憎かったことも(笑)
通常に戻るとやっぱり好きですね。
パクチーアイスも作ってみましたよ。
牛乳に細かくしたパクチーと根っこを入れて、煮詰めて香りを移してから生クリームを入れて撹拌。
色もきれいな翡翠色になって、パクチーの香りもするアイスが出来上がります。
パクチーはだめだけど、アイスが大好きな娘。
このアイスもダメでした…

Dsc_0500

2018年4月 4日 (水)

大切な時期

今年は暖かくなるのが早い?

雪も例年のようにそこまで降らなかったので、いつまでも畑の上にこんもり雪が・・・なんてことはなく。
それならもう作業開始!
って事で、ハウスの中で苗を育てています。
最初はキャベツやレタス、そしてスナップエンドウ。トマトやピーマンも播きます。
トマトやピーマン、スナップエンドウは生育期間が長いので、今播いても収穫は6月から7月。
大切に大切に育てていきます。
それが、ふとした瞬間に一気に気温があがってしまった今年の春。
いきなり夏日みたいな日がありましたよね。
すぐさまハウスのビニール開けを調整して風を送り込んであげれば良かったのですが、間に合わずにキャベツが少し高温でやられてしまいました・・・。
こういう事もあるので、苗管理は特に気を使います。
全滅させてしまったらすぐに修正はきかないので(涙)
播きなおしても時間はかかるし、何より大量に播いているのでその種代もハンパないのです。
なのでこの苗を育てている時期は、遠出できないのです。
どうしてもの用事の時は、知り合いの農家さんにハウスの開け閉めをお願いしますが、やっぱり責任重大なので自分で管理するに越したことは無いですね。

Dsc_0230_1
左側は大丈夫だった苗。右側は高温で焼けてしまい、やられてしまった苗。大きさも小さく育たなくなったので空いてしまっています。
 

2018年3月31日 (土)

今年は何t?

今年もジャガイモを植える季節がやってきました。

スーパーでおなじみキタアカリ、男爵、そしてちょっと珍しい紫色のシャドークイーン、ピンクのノーザンルビー、希少なインカのひとみ、最後は近所のおじちゃんに種芋をもらってから作り続けている赤ジャガイモです。
赤ジャガイモはご近所さんがおすそ分けしてくれて、美味しい!と娘も含め気に入ったジャガイモで「作ってみたいのですが品種はなんですか?」と尋ねたところ、「俺ももらったからわかんないんだ」とのお返事。
芽が出にくく、甘味があるのですごく重宝してそのまま種芋として年々栽培しています。
品種名は未だわからず、表皮が赤いので我が家は「赤じゃが」と呼んでいます。
合計6種類を栽培するのですから、かなりの量です。
毎年トン単位は変わらず(@_@;)
でもジャガイモは日持ちするし、貯蔵しておけるのでたくさん作っておいて損はない野菜。
貯蔵場所があればもっと作りたいと旦那は言っています。(ソレハコワイ)

春の晴れた日に、娘も一緒に手伝って播いてくれました。
4月から保育園だから、これからあんまり畑に来れなくなっちゃうね。
休みの間はしょっちゅう畑にいたもんね。
ふかふかの土の上を裸足で歩くのが大好きだという娘。
子供って土が好きなんだなぁ

うちが借りている畑の中で一番大きな畑に播きました。
それでも足りず、 違う畑でもジャガイモを育てております。
今、スーパーではちらほら新じゃがが出たりしていますが、やっぱり貯蔵に貯蔵を重ねたジャガイモの方が断然美味しいです。
芽が出まくって大丈夫?と思うジャガイモでも芽さえ取ってしまえば、濃厚な甘みのジャガイモに。
春先、室にしまっておいた甘ーいジャガイモを食べられるのは農家の特権かなぁとも思います。
29571204_807931729416561_6292968142 27459747_807931762749891_2418375252

2018年3月11日 (日)

今年はパクチーもやります

ここ最近、(というか10年くらい続いている気がするけど)パクチー(香菜)ブームですね。

パクチー専門店だったり、パクチーのお代わり無料だったり。
以前は特殊なスーパーでないと見かけなかったけれど、今は佐久穂町のスーパーにも置いてあるほどメジャーになったパクチー。
私もベトナム料理店勤務歴7年でしたので、パクチーは大好きな人種です。
そんな昨今のパクチーブームにより、取引先の業者さんからも有機のパクチーが欲しいとのご依頼で、今期はパクチーも増産の予定です。
いそベジ農場を開始して1年目は売れる野菜と言うより、自分たちが美味しい野菜を作れるんだろうか?的な実験で野菜を作った部分もありますので、私の好みでパクチーも少し作っていました。・・・が売るというよりは自家消費で終わる量でした。

それが今年はわんさか作っちゃうのか~。。。ああ、夏はパクチー食べ放題だなぁ♪楽しみ!!
アジア料理いっぱい仕込んでパクチーと共に食したいけれど・・・・夏は忙しすぎて作る時間がない気がする(泣)
そしてこのパクチーは個人の方への野菜セットに入れていいものか迷う。
契約している取引先には売るけど、絶対多めに作るので野菜セットの品目の一つにも入れたいところ。
でもパクチーって玉ねぎとかみたいに野菜セットに入ってても無難な野菜じゃないからね
難大有りな野菜。
嫌いな人は絶ッ対嫌だろうし。
一人一人に意見を聞かないと入れられない野菜だなぁ。
私が密かにパクチー買ってきて食卓に並べると、娘は開口一番
「なんかクサい!!」と言う。
野菜好きの娘も、4歳じゃまだパクチーの美味しさはわからないかな。

Dsc02155

2018年2月28日 (水)

寒い日の仕事

2月は最高気温もマイナスなので、常に外は冷凍庫。凍る状態です。

ちょっと油断して室から大根などを出しっぱなしにしてしまえば、凍みてしまいますし洗濯ももちろんカッチカチになる温度です。
こちらの地域では、凍ってしまう事を「凍(し)みる」と言います。
「凍み豆腐」は長野県が発祥と、近所の方から聞いたのですが、調べてみると東北の方で伊達正宗が考案したという説も・・・。
とにかく寒い地域でしか作られないものなんですね。
そんな寒さなので畑仕事は出来ずに、しばらくお休みさせて頂いたりするのですが畑仕事ではない仕事を家の中でちまちまやったりしてます。
まずは確定申告。これがまとめて冬の時期になるので膨大な打ち込みに(@_@;)
少しずつやっておけばいいんでしょうけど、夏はどうしても目先の野菜に力を注いでしまうので後回しにしてしまって。
それと大事な仕事、土壌分析。
作物を作った後は、土の栄養素も変わって(減って)いきます。作物によっても栄養素が変わるのです。野菜によって必要な栄養素も違うのですね。
例えば玉ねぎを作った畑はリンが少なくなっているとか。
そういうのを補って、全て栄養が整った状態にして春暖かくなってから種を播いて作物を育てます。
でもどの物質が足りないとか見た目じゃもちろんわかりません。
ちゃんと分析機にかけて、割り出します。
その機械は当然ながら安価ではないので、同じ農家仲間と出資してみんなで買ったものがあります。
それをお互い春になる前に変わりばんこに使って、各々の畑の状態を見るのです。
なんか人間で言う健康診断のよう。
そしてその結果を見て、肥料の配合などを考えます。
貝殻をメインにした肥料や、こうもりの糞から作った肥料などの有機肥料です。
この工程を経て、春の種蒔きに備えます。

2017年11月15日 (水)

半年ぶりのブログ

ああ、半年も更新していなかった。。。

6月から出荷が始まってしまうと、休みが一切なくなるので書く時間がないというのが言い訳です(@_@;)
野菜が育ち始めると、待ってくれない。
水やり肥料やり、草取り、そして完成形になれば収穫、売り先を探して、注文整理して出荷して。。。
6月からは正直1日も休みはありません。
やっと11月に入り、霜も降り始めて野菜も落ち着いてきたのでようやく休めていますが、それでも週に半日か1日。
6月から11月までの間に1年分稼がなければならないのでしょうがないのです。
夏のピークは朝3時に起きて仕事を始めても終わらなくて、その上私の場合は家事もあって、2人の子供の面倒見て・・・だったので、毎日死ぬかと思ってました(笑)
今年はきつかった~~
乳飲み子を抱えてるからかな?
常に自分のペースは崩されるし、でもやらなきゃいけない仕事は日々やってくるし。
それでも誰も大きなケガや大病にもならず、野菜も売れてくれたので振り返れば今年も良しとします。
でもさすがに私も旦那も、就農4年目の今年が一番しんどい。。と夏は毎日話していましたよ。
夏のしんどさの一つとして、今年はきゅうりをたくさん栽培したので1t採れた事ですかね。
えー、じゃがいもやかぼちゃ、玉ねぎはトン単位で作っているし、1個の重さがあるのでそれくらいはいくのですけど、1本100g前後のきゅうりを1tて(@_@;)
しかも日持ちしないし・・・!
玉ねぎなどの土モノは貯蔵できるからトン単位で作っても、傷む心配はないのですけどきゅうりは鮮度が重要な野菜ですから。
採れたら、すぐ出荷しないと商品価値がなくなってしまう。。。
ああ、でも今年はありがたいことに売り先があったのです。
ひたすら選別して(キズ、まがりがひどくないか)梱包して、配送。
旦那と夜中2時からやっておりました。
それでも人手が足りず、今年は私の父も応援に呼んで、父まで朝からやらせる始末。

おかげで1トン売り切ったのでホッとしていますが、毎年これをやれと言われたら少し躊躇います。

2017年4月25日 (火)

春野菜レシピ

もうスーパーの店頭には春野菜が続々並び始めています。

春キャベツ、新玉ねぎ、新じゃがいも、新にんじん、スナップエンドウ・・・。
標高の高いいそベジ農場では、まだどれも採れる気配はありません(>_<)
娘が蒔いたスナップエンドウも、こんな感じです。

Dsc01917_2

Dsc01957

実がつくにはあと1か月くらいかかるかな・・・。
ずれているからこそ、市場価格が高くなったり需要があったりするんですが、早く野菜が食べたくてうずうずしちゃいます。
「新玉ねぎありますか?」
とよく聞かれるのですが、まだなんです・・。
でも普通は新玉ねぎといったらこの時期ですからね~
スナップエンドウは、今年はたっくさん作っています。
契約しているのもそうですが、人気があるので(単価も良いし(笑))。

生協さんで販売してもらうスナップエンドウ、販売促進用にレシピつきでカタログに載せたいそうで「何かレシピありますか?」との事。
ありますよ、ありますとも。
ぷりっと茹でて食べるのも美味しいですが、スナップエンドウは油と相性がいいので、アヒージョにするのがおすすめです。
我が家は砂肝と一緒にアヒージョにすると、旦那も大喜びです。

今流行のスキレットにオリーブオイル、砂肝、スナップエンドウ、調味料を入れて煮込めば出来上がり。
オリーブオイルにスナップエンドウの豆の甘みがうつり、オイルがこれまた美味しくなるのです。
バゲットなどのハード系のパンにつけるととても美味しい!!
我が家ではナンにつけたりしましたが、旦那が絶賛するほど。
そして写真は、元カメラマンの従業員さんが撮ってくれましたので、いい出来栄え。
カタログに掲載されて、たくさん注文が来ることを願っております。

Dsc01948 注:この写真は練習に、と旦那が撮ったもの

より以前の記事一覧