« 不満はないよ、佐久穂町 | トップページ | ジャガイモ »

2019年3月29日 (金)

女子会もやったりします

冬の楽しみと言えば、東京に帰ってゆっくりするのもそうなのですが、農家奥様女子会が開かれるのも楽しみの一つです。
佐久穂町は新規就農者が多くて、私たちみたいに移住して農業を始めた方がけっこういます。
そんな農家の奥様達だけで開催される女子会。同じ境遇にいる方たちばかりのトークは「わかるーーー」という事がたくさんで本当に癒されます。先輩ママさんたちでもあるので、子育てに関しても教えていただくことが多々あり。
皆さん、生まれは佐久穂町ではないので佐久穂町に越してきてからの大変だったエピソードなんて言うのは、本当に同じで。

冬場はさ、まず洗濯機を解凍するところから始まるよね

あああ、うちだけじゃないんだー。皆、同じような目にあってるんだーーー。
ホッとします(笑)
越してきてすぐは大体皆さん古い古民家を借りてからのスタートなので、大変な目にあってから農業で成功して、今はちゃんとおうちを建てています。
寒い古民家では、夜ご飯の準備のために冬、野菜を切っていると切っている傍から凍ってまな板にひっつく、という方もいました・・・。あまりに古い古民家すぎて、両親が遊びに来てショックを受けて両親が旦那さんに怒鳴った、という方もいます。
それでも今は暖炉付きの立派なおうちを建てて、快適に住んでいらっしゃいます。
我が家も同じような道をたどれればいいなあ。

先輩農家さんの後を追うように、我が家もとうとう古民家とお別れする時期がやってきたかもしれません。
冬の寒さからも解放されたいし、それ以前にだいぶ今お借りしている古民家では手狭になってきました。
ありがたいことに年々作物の栽培する量が増えてきて、注文もたくさんいただいているのでストックしておく場所が足りないのです。
寒さの厳しい佐久穂町で、冬場の野菜の貯蔵スペースはかなり重要な部分。如何せん、氷点下20度近くになるので氷点下にならない場所をある程度確保しておかないと、野菜は全てダメになります。
今は仕方がないので、野菜用1坪冷蔵庫を冬の間はヒーターをたいて保管庫にしておりますが・・・。
一坪じゃ、保管できる量も限られます。
本当はもっともっと作りたくて、そしてもっともっと欲しいという需要もあるのに野菜が冬を越せないという理由で断念。
それじゃあちょっともったいない。
氷点下にならない保管場所と言えば、もう地下ムロです。
地下ムロを作るには、土地を買わないといけない。(自分の土地じゃない借りてる土地にはできませんので・・・)土地を買ったら上に家も欲しい。
色んな要素が集まって、我が家もマイホームという夢が少しずつ現実味を帯びてきました。

« 不満はないよ、佐久穂町 | トップページ | ジャガイモ »

佐久穂町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不満はないよ、佐久穂町 | トップページ | ジャガイモ »