« マイカー | トップページ | いただきました »

2013年4月 6日 (土)

築80年(3)

この我が家には、築80年だけあってそれ相当の歴史を感じる品物がたくさんある。

障子、ふすま、床の間、室(むろ)、そして囲炉裏。
私も32年間生きてきたけど、育ってきた家にはそれらはなかった。
80年前ということは大正時代からあったわけで、その時はこういう家がほとんどだったんだろう。
室(むろ)なんていうのは、初めて聞いて初めて見た。
外に落とし穴のように深く掘ったその部屋みたいなものは、すごく気になる存在だ。

』とは 
保存、断熱、育成などを目的として作られた部屋。氷室、麹室など。 wikipediaより。

「昔はここに野菜などをしまっていたんだよ」
と大家さんから説明されて、改めてこの家の歴史を感じた。
築80年といえば、大正時代に建てられて、その時は冷蔵庫なんてなかったはず。
それで夏には涼しい地面の下に貯蔵してたんだな。冬は反対に地面の下なら凍らないらしい。
さすがにもう冷蔵庫があるから、室は使わないでも事足りそうだけど何かタイムカプセルみたいに未来の為に入れてみたい、、、と思ってしまった。
そして囲炉裏。
まさか新居の家にあるなんて!!
囲炉裏のある家なんて、 ちょっとカッコいいんじゃない!?とテンションもあがって、ここで魚焼いたり、お湯を沸かしたりしてみたい・・・フフフ( ´艸`)
でもかなり天井が煤けるみたい。断念。20130518_084329
猫も興味津々(笑)

障子は早速やられましたよ。
猫の恰好の遊び場のようで。
まあ、私も躓いて咄嗟に手をついた先が障子で、見事に破りましたので猫だけのせいには出来ませんけど。
20130403_140546 20130413_174308
時間が出来たら、人生初の障子張りに挑戦しないとだ。

« マイカー | トップページ | いただきました »

古民家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築80年(3):

« マイカー | トップページ | いただきました »